活動報告【東部】

平成28年度活動概要

     平成28年度の日本の経済は、アベノミクスの取組のもと、雇用や所得環境が改善し、緩やかな回復基調が続いている。政府はデフレからの完全脱却、しっかりと成長する道筋をつけるため「未来への投資を実現する経済対策」を取りまとめたが、原油価格の下落の影響により、実質GDP成長率は1.5%程度、消費者物価指数は1.1%の上昇にとどまっている。

     また、グローバル化した国際情勢に目を向けると、移民問題から発生した英国のEU離脱、米国トランプ大統領の誕生により反グローバリズム、ポピュリズムの台頭、TPP離脱、一国繁栄主義的な考え方が芽生え、憂慮すべき状況が生まれている。

     一方、政府は「地方創生」に加えて「一億総活躍社会の実現」のための「新しい3本の矢」を打ち出した。人口減対策、働き方改革に対しても様々な施策がとられているが、日本社会の抱える構造的課題である「少子高齢化」が最大の取組み課題である。

     鳥取県においては、昭和63年をピークとして年々人口が減少し平成29年3月時点では、567,897人となっている。

     多くの人材の県外への流出問題が顕著である。このことが移住定住対策も含めて官民が一体となって取り組む最大の課題である。鳥取県が策定した「鳥取県元気づくり総合戦略」2年目であったが、引き続いて「地方創生」を官民一体となって推進することが重要である。

     このような中、われわれ鳥取県経済同友会東部地区は、より良い地域づくりを目指して平成28年度活動方針に添って事業報告書のとおり各種の活動を展開してきた。

     組織活動においては、中核事業の毎月例会を各委員会の分担制で時宜に適ったテーマを取り上げて実施してきた。また、各委員会を活発化して事業を展開し、組織運営に努めるとともに、特徴的な取り組みとして以下の3点の活動を行い大きな成果をあげた。

     1 「因幡元気大賞」第2号として、「すなば珈琲」を表彰

     2 岡山・但馬交流委員会の企画として7月と2月に但馬地方を視察研修

     3 移住・定住委員会の企画として3月に鳥取大学COCプラス事業と共催し、

       「学生と地元経営者が熱く語る鳥取の未来」と題して意見交換会を開催

     

    具体的な活動の詳細については、以下に述べるとおりである。

     1 定時総会、幹事会、監査会  3回

       ・事業報告、決算並びに事業計画、予算案の承認の件

       ・講演は「因幡元気大賞」受賞者

         すなば珈琲 代表 村上 和良 氏

           演題 地方だからできること~「すなば珈琲」弱者の戦略~

           講師 (有)むらかみ ぎんりんグループ 社長 村上 亜由美 氏

     2 鳥取県正副代表幹事会(事務局合同) 2回

       ・創立50周年「記念式典」「祝賀会」「同収支予算案」等について

       ・平成28年度定時総会について

       ・平成29年度定時総会について

       ・全国会議・合同懇談会等について

       ・県同友会に対する各地区負担金について

       ・IPPO IPPO NIPPONプロジェクトについて

     

     3 会員例会 10回

      (4月)「創業10周年の(株)LASSICと地方創生」

           (株)LASSIC 副社長 西尾 知宏 氏

      (7月)「但馬地方の自然・文化・食を探る」

           ・但馬海岸グラスボート遊覧

           ・山陰海岸ジオパーク館

           ・香住 大乗寺(応挙寺)

           ・香住鶴(福寿蔵)

           ・リフレッシュパーク「ゆむら」

      (8月)「地方創生と移住定住対策」

           公立鳥取環境大学経営学部

            准教授 新井 直樹 氏

      (9月)「鳥取と宇倍神社」

           因幡国一の宮 宇倍神社

            宮司 金田 誠 氏

     (10月)「地方創生と世界ジオパーク」

           豊岡市長 中貝 宗治 氏

     (11月)「国際化からグローカルへ」

           鳥取県地域振興部

            部長 岡﨑 隆司 氏

     (12月)「鳥取県東部における地産地消の取組み

          ~岩美町&(株)食のみやこ鳥取の取組みから学ぶ」

          ①  「道の駅きなんせ岩美」「田後漁協女性部加工グループの取組事例」

            岩美町役場 産業建設課 参事 飯野 健治 氏

          ②  「鳥取県東部における地産地消の取組み

            ~農業と地域の活性化を目指して~」

             (株)食のみやこ鳥取

              事業統括部長 青木 大介 氏

      (1月)「小さくても勝てる」

           鳥取県知事 平井 伸治 氏

      (2月)「豊岡市における地方創生の取組み」の視察研修

           ・出石町 まち歩き 出石そば巡り

           ・兵庫県立コウノトリの郷公園・豊岡市立コウノトリ文化館視察

           ・玄武洞の見学

           ・城崎温泉 まちブラ さとの湯等入浴

      (3月)「学生と地元経営者が熱く語る鳥取の未来」(鳥取大学COCプラス事業)

           ・講演会 講師 山本 隆弘 氏

           ・意見交換会 学生 鳥取大学 8名 鳥取環境大学 3名

     4 総務委員会 12回

       ・毎月の行事・活動予定並びに内容協議と各委員会からの報告事項

       ・「因幡元気大賞」受賞者の選定

     

     5 各委員会の活動 17回

       ・活動方針に基づきキーワードに沿って研究議論、担当例会の打合せ

       ・委員長会議 1回 ・教育文化委員会 4回 ・地域づくり委員会 2回

       ・移住定住委員会 1回・岡山・但馬交流委員会 3回

     

     6 その他

        ・10月4日(火)

          第24回鳥取県・岡山経済同友会合同懇談会(津山市内)

          【懇談会】報告会

           <岡 山>平成28年度活動方針

                岡山経済同友会

                 代表幹事 松田 久 氏(両備ホールディングス(株))

           <鳥取県>女性活性化特別委員会活動状況

                鳥取県経済同友会西部地区女性活性化特別委員会

                 委員長 森 由美子氏(㈲静間 社長)

          【講演会】演 題① 「地域活性化と津山中央病院の取組み」

               講 師   津山中央病院 院長 藤木 重篤 氏

               演 題② 「陽子線治療について」

               講 師    放射線治療センター副センター長 脇  隆博 氏

       ・11月29日(火)

          第43回島根・鳥取県経済同友会合同懇談会(米子市内)

          【テーマ】「なぜ山陰新幹線が必要なのか?」

           研究発表 テーマ:山陰新幹線のこれまでの経過、実現への課題

           講  演 演 題:「山陰新幹線の実現に向けて」

                講 師:京都大学大学院 工学研究科

                             教授 藤井 聡 氏

     ・経済同友会関係会議への参加・出席

       4月14日(木)

         第29回全国経済同友会セミナー(岡山市内)

          テーマ「世界に輝く地域を創ろう

              ~桃太郎の郷(くに)から発信~」

                      【基調講演】

               「どうすれば「日はまた昇る」か」

                  ビル・エモット 氏(英国人ジャーナリスト)

                      【特別講演】

               「文化・芸術・人文学の力…経済人の視点から考える…」

                  大原 謙一郎 氏((公財)大原美術館 理事長)

     

       7月15日(金)

         第3回西日本経済同友会代表者会議(神戸市内)

          テーマ「産学官(公)連携で地域創生の深化を」

              【各地域からの発言】広島、島根、土佐、愛媛、鳥取県

              【共同アピール案】の検討、採択

     

       10月11日(火)

         (一社)関西経済同友会創立70周年記念式典(大阪市)

     

       10月17日(月)

         第9回日本海沿岸地域経済同友会代表幹事サミット

              【基調講演】

                演 題「日本海沿岸地域の課題認識」

                講 師 京都経済同友会 代表幹事 増田 寿幸 氏

                ・エネルギー政策に関する各地経済同友会の取組み事例報告

              【パネルディスカッション】

                テーマ:「大規模災害時におけるエネルギー拠点と次世代

                     海洋エネルギー資源」

               ◎パネリスト 山本 啓二氏(京都府知事)

                      藤本 武士氏(経済産業省資源エネルギー庁)

                      海老沼孝郎氏(鳥取大学大学院工学研究科)

               ◎モデレーター 今井 一雄氏(京都経済同友会 常任幹事)

       10月28日(金)

         第114回西日本経済同友会会員合同懇談会(広島市)

          テーマ:「輝け!わが都市、わが故郷」

                 ~まちづくり、ものづくり、ひとづくりで地方創生~

             【基調講演】

              「真の「地方創生」には何が必要か」

               片山 善博(慶応義塾大学教授、元総務大臣)

             【パネルディスカッション】

              ◎パネリスト 角倉博志氏、高木廣治氏、山川肖美氏

              ◎ファシリテーター 森信 秀樹氏(広島経済同友会代表幹事)

       11月21日(月)

         (公社)経済同友会創立70周年記念式典(東京都内)

     

       12月 5日(月)

         2016年全国経済同友会代表幹事円卓会議(浜松市内)

              【浜松市 防災施設・地元企業視察】

               ・浜松市沿岸域防潮堤建設現場

               ・浜松ホトニクス(株)中央研究所

              【議事・報告】第29回~第35回全国セミナーの

                     決算、企画案、開催地など協議

              【来賓講演】「三遠南信地域における広域連携の取組みと展望」

                   浜松市長 鈴木 康友 氏

                   ㈱サーラコーポレーション 社長 神野 吾郎 氏

              【報告】IPPO IPPO NIPPON プロジェクト

                  ・東北支援の終了 ・熊本支援の進捗状況

     

       ・その他各種会議への参加、出席等

          ・鳥取市国際経済発展協議会総会

          ・とっとり被害者支援センター理事会・総会

          ・鳥取県産業教育振興会 理事会

          ・中国電力㈱鳥取支社「年末懇談会」

          ・鳥取商工会議所新年祝賀会

          ・北方領土返還要求運動鳥取県民大会

          ・公立鳥取環境大学との産学官連携に関する懇談会

          ・連合鳥取との意見交換会

          ・鳥取県留学生交流推進会議

          ・鳥取県サイバーセキュリティ―対策ネットワーク会議

     

↑ PageTop