事業計画【東部】

平成28年度活動方針(案)

    【 現 状 認 識 】

     我が国の経済は、年初よりの中国を始めとする新興国の景気減速、原油価格の下落、急速な円高の進行によって、不確定な要素はあるものの、安倍政権のアベノミクス継続や日銀の金融緩和政策、「地方創生」2年目、また「一億総活躍社会の実現」など様々な国の経済政策によって、デフレ脱却、地域経済の活性化、少子高齢化対策の進展による景気の回復が期待されている。

    また、平成29年4月からの消費税率10%の引き上げに加えて「軽減税率の導入」も予定されているが、消費の喚起、雇用や所得環境の改善などにより国内需要の好循環がさらに進展することが期待されている。

     鳥取県経済同友会は、国民生活の基盤である地域の再生なくして持続的な経済成長はありえないという認識の下「一極集中の是正」「地方の創生」について、全国の各地経済同友会をはじめとする諸団体と緊密に連携することが求められているところである。

    鳥取県は第一次産業を中心として、高齢化が進んで人口が減少している地域である。

    鳥取県が昨年策定した「鳥取県元気づくり総合戦略」を産学官金労言のネットワークによって、確実に成果を上げていくことが望まれており、鳥取県経済同友会の役割でもある。とりわけ、「人口減対策」「観光戦略、観光振興」「産業振興」分野では鳥取県経済同友会としても提言活動を行っていく必要がある。

     鳥取県経済同友会は、本会の趣旨に賛同する進歩的な経済人で事業経営者、会社又は経済団体の役員又は幹部職員をもって構成し、自らの利益にとらわれることなく事業活動の中においてお互いに切磋琢磨していくとともに、昨年12月に創設50周年の節目を迎え、今年度に50周年記念式典、祝賀会を挙行し、「50周年記念誌」を発刊することから、より一層会員の一体感を強めて将来に向けたビジョンを共有化して地域に貢献する提言活動に取り組むことが求められている。

    これらのことを踏まえて、鳥取県内企業が有する創造性を如何なく発揮し、地域経済が活力を取り戻すため、鳥取県経済同友会(東部地区)としては、その責務を自覚してこれまで取り組んできた諸活動を継続して取り組むとともに、さらに活発化させて、地域社会におけるさまざまな課題に対して積極的に提言活動を展開するなど、地域のオピニオンリーダーとしての役割を果たす必要がある。

     

     以上のような認識に立ち、平成28年度においては、次の事業に重点的に取り組んでいくとともに、各委員会の各テーマに沿った「提言書」の作成を念頭に置きながら活動することとする。

     

    【 平成28年度の具体的取り組み事項 】

    1.月例会・8委員会による積極的な活動と政策提言

    2.行政機関・友好経済団体等との連携と広域交流活動の推進

    3.鳥取県経済同友会「創立50周年記念式典・祝賀会」への積極的参加

    4.各種経済同友会の合同懇談会、ブロック大会等への積極的参加

     ◇ 第29回全国経済同友会セミナー(岡山市)

          平成28年4月14日(木)~15日(金)

    ◇  第3回西日本経済同友会代表者会議(神戸市)

          平成28年7月15日(金)

    ◇  第9回日本海沿岸地域経済同友会代表幹事サミット(京都市)

    平成28年10月17日(月)~18日(火)

    ◇  第114回西日本経済同友会合同懇談会(広島市)

          平成28年10月28日(金)~29日(土)

    ◇  全国経済同友会代表幹事円卓会議(開催地未定)

          平成28年秋

    ◇  第24回岡山・鳥取県経済同友会合同懇談会(岡山)

     平成28年秋ごろ

    ◇  中国5県代表幹事と(公社)経済同友会幹部との意見交換会(広島市)

          平成29年3月6日(月)

    ◇  第43回島根・鳥取県経済同友会合同懇談会(米子市)

          (開催時期未定)

    ◇  全国経済同友会行財政改革委員会 <分権改革>(開催地未定)

    (開催時期未定)

    5.「地方創生」にかかるさまざまな視点からの研究と提言

    6.高速交通基盤の整備促進と観光振興について

    ①鳥取自動車道(鳥取~佐用間)の全線開通を活用した産業と観光振興策

    の検討

    ②山陰自動車道(青谷IC~鳥取西IC間)の早期整備への働きかけの活動強化

    ③鳥取砂丘・コナン空港の整備充実への提言

    7.東部圏域と岡山・但馬圏域との連携による観光促進

    8.組織運営(財政基盤の強化)会員増強拡充運動と情報活動の充実強化

     

    【委員会活動の運営】

      平成28年度の活動方針(案)に基づき、各分野の課題について活発な委員会運営を進める。

    次ページ 「鳥取県経済同友会東部地区各委員会の活動計画」一覧表 参照

     

↑ PageTop